« コミュノベ氷上編 第10話 【注】 | トップページ | 私の一番バトン »

2009.03.10

コミュノベ氷上編 第11話 【注】

氷上くん編も第3章!

【注意】 
2月27日から携帯サイト週刊コナミより配信中のコミュニケーションノベル『ときめきメモリアルGirl's Side 2nd Season 〜氷上 格編〜』に関する内容を含みます.
(完全なネタバレ100%はしませんが、0%でもありませんので、ご注意下さい)

PCからご覧の場合は、「続きを読む」以降にご注意下さい.携帯からご覧の場合は、スクロールせずに、スルー推奨でお願いします.









では。


ホ━━( ゚д゚)━━ゥ
若ちゃんの影響力って凄かったんだね。

と、改めて知った本日のノベル。


氷上くん編では、若ちゃんと氷上くんの出歩きイベントがうまく盛り込まれてますな(笑)

校外指導の練習に、氷上くんの若ちゃんへの質問関連。


化学の授業で突然若ちゃんが言い出す。

「週末のお花見、行くかどうか決めかねている人は是非参加を!」

なんと、部活があるから参加できないと言ってた若ちゃんが、その陸上部とともに参加すると言う。

若ちゃんの参加表明で、一気に浮遊層(笑)が参加に流れ出した〜

それは、デイジのクラスだけでなく、先生が化学を受け持つクラスすべて、そして学園中へと広がっていったのだった。

ヾ(゚д゚;) 若ちゃん人気、恐るべし。

でもこれで、ヒムロッチとのご対面〜♪も在りうる?!



氷上くんから真相を聞きたくて探すけど、全然捕まらない。
ホクホク顔で超熟カレーパンを手にする若ちゃんは見かけたが(苦笑)

そして、その白衣のポケットはやけに膨らんでいるのだった!

ヽ(´ー`)ノ


「氷上くんとの取引が成立しましたから」


結局その日は氷上くんは捕まらず>どんだけ広いんだ、はね学。そしてどんだけ忙しいんだ、氷上会長!

手紙を書こうとしたデイジ。
だけど。
(ヘルメットに貼った)手紙のことで氷上くんにムッとされた失敗を思い出す(苦笑)

で、メールにした。


選択肢。

素直に、 で。


来たメールは、

ヽ( ゚д゚ )ノ ぅぉ、長っ!

『先生のポケットの中身』

若王子先生がポケットに何を入れていらっしゃるかなど、知る由もない。

ただ、僕は云々・・・・・・

要するに、氷上くんが何かしたようです(笑)

しかし、
若ちゃんの引き起こす影響力を見越してた氷上くんを感心しました。

2009.03.10 07:15

« コミュノベ氷上編 第10話 【注】 | トップページ | 私の一番バトン »

コメント

ちゅん太さん
そうですねー、ぶっちゃけ氷上くん編にはハリー編のような萌えは無いです>あくまでも個人的には、ってことで(笑)
最初はえらく面白く感じましたが、ラストが近付くにつれてそんなに変じゃない気がするのは何故でしょうか。
慣れてきたのか?(笑)
今回は瑛編の29話の半分なので、氷上くん編も楽しんでみられては??
2009.03.12 01:40

なんだか 氷上君編 面白そうですね。ハリー終了後 始めようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュノベ氷上編 第10話 【注】 | トップページ | 私の一番バトン »

ちょこっと携帯百景

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

STORM LOVER 快!!

  • STORM LOVER 快!!公式サイト

Girl's Side 3rd Story

  • Banner_nina_370_04_vbzjf
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想