« コミュノベ針谷編 第3話 【注】 | トップページ | コミュノベ針谷編 第4話 【注】 »

2009.03.01

コミュノベ氷上編 第2話 【注】

【注意】 
2月27日から携帯サイト週刊コナミより配信中のコミュニケーションノベル『ときめきメモリアルGirl's Side 2nd Season 〜氷上 格編〜』に関する内容を含みます.
(完全なネタバレ100%はしませんが、0%でもありませんので、ご注意下さい)

PCからご覧の場合は、「続きを読む」以降にご注意下さい.携帯からご覧の場合は、スクロールせずに、スルー推奨でお願いします.









では。


まぁ、どの選択肢を選んでも「植物園に誘ってくれた」模様>それがコミュノベ

小野田さん登場。
彼女の会話文も長めで、もちろん固い(笑)

一緒に下校。久しぶりらしい。

「氷上くんは変わりましたよね」

「……え?うん。そうだね」

「私、本当にあなたのおかげだと思うんです」

「あ、ありがと」

「お礼を言うのはこちらです。きっとあのままでは氷上くんはどんどん孤立していき、生徒会の雰囲気は~~~~~生徒会執行部の代表として、改めてお礼を言わせてください」

……そうしてまだまだ二人の会話は続く(苦笑)やっぱし長い。

わたし→1~2行
小野田さん→6~8行

の会話文。

とにかく、
字が、字が多いーーー!!>氷上編

二人で喫茶店に寄る(小野田さんは「仕方ありませんね」と付き合ってくれた)。

そして。
またもデイジ。

「小野田さんって、どんな人がタイプ?」

「えっ?」

デイジ、毎回唐突すぎるぞ。
ほら~。また小野田さんも瞬間湯沸かし器のようにみるみる真っ赤になる。

「す、好きな、好きな人……ですか?」と声まで裏返ってる(苦笑)

これって・・・小野田さんとVSになったりする?


それから。
店を出た途端に、


ちりんちりん。

「君たち!まさか喫茶店に寄り道をしていたなんてことはないだろうな」

ヘルメット会長が登場(笑)

そして。。

再びヘルメットをかぶると、顎のベルトをカチッと止め自転車にまたがる。そしてペダルをこぎ出した。流れるような一連の動作。2、3メートル先の四つ角で手信号をだして一時停止。左右の確認をして再出発。

Σ(´д`*)す、素晴しいよ会長。
そしてこの描写も長いな…(苦笑)


選択肢は、



にしました。
会長編はなんか選択肢にすごく悩む。


返ってきたメール。

ワロタ。
そしてやはり長い(笑)

会長は天気予報について語っておられた。
その内容が「ズレている」なんて口が裂けても言えません。

2009.03.01 01:17

« コミュノベ針谷編 第3話 【注】 | トップページ | コミュノベ針谷編 第4話 【注】 »

コメント

ちろさん

氷上くんのコミュノベ始めたんですね!
文、長いし固いですよね~(笑)
氷上くんの一生懸命だけど、どこかズレているメールを貰うたびに
彼には悪いけども笑ってました。

>すごい前の記事にコメあげすみません…

いえいえ。全然構いませんよ(笑)
こちらこそ、さかのぼって読んで下さってありがとうございました~

ちゃんとメール内容を書くようにしたのは、今回の志波きゅん編からなので、
あんまり詳しく書いてないと思いますが、
お役に立てれば幸いです♪

2009.11.10 21:08

いまさらながら氷上くんのコミュノベやりはじめました。
氷上くんずっと毛嫌いしてたんですが、やっとからかいがいがあるかわいいやつと思えるようになりました!

すごい前の記事にコメあげすみません…

ではでは~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18875/44204905

この記事へのトラックバック一覧です: コミュノベ氷上編 第2話 【注】:

« コミュノベ針谷編 第3話 【注】 | トップページ | コミュノベ針谷編 第4話 【注】 »

ちょこっと携帯百景

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

STORM LOVER 快!!

  • STORM LOVER 快!!公式サイト

Girl's Side 3rd Story

  • Banner_nina_370_04_vbzjf
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想