« コミュノベ針谷編 第4話 【注】 | トップページ | 思い出の欠片 »

2009.03.02

コミュノベ氷上編 第3話 【注】

なんか、日記がコミュノベばかりになりそうなんだが(苦笑)



【注意】 
2月27日から携帯サイト週刊コナミより配信中のコミュニケーションノベル『ときめきメモリアルGirl's Side 2nd Season 〜氷上 格編〜』に関する内容を含みます.
(完全なネタバレ100%はしませんが、0%でもありませんので、ご注意下さい)

PCからご覧の場合は、「続きを読む」以降にご注意下さい.携帯からご覧の場合は、スクロールせずに、スルー推奨でお願いします.









では。


待ち合わせ時間の10分前に到着したデイジ。

すると、駆け足でこちらに向かってくる私服姿(新鮮!とデイジ)の氷上くん。
すごい勢いで手を振っている。

「す、すまない。待たせてしまったかな。まだ待ち合わせの5分前だと思っていたけれど、僕の時計が狂っていたのかもしれない~~~云々」

氷上くんの台詞長い(笑)

デイジは、「わたしが待ち合わせ時間の前に居るのが、そんなに不思議なの?」なんて頬を膨らませる。その後もいろいろ言って、氷上くんはもごもご言い訳。。

――これ以上いじめたら、可哀想だね。種明かししてあげよ。

デイジ、氷上くんを苛めてる自覚アリ(笑)>やはりな

実は、氷上くんの5分前行動の5分前行動をしたの、とサラリ。

デイジも氷上くんを苛めるのもほどほどにしなさい。

デイジ、
「おかしなスパイラル」にハマっている氷上くんの肩を揺すって現実に引き戻す(笑)

植物園に入ってからは、
なんとなく二人、課外授業っぽい(苦笑)
文章、やっぱし長いし。

わすれな草を前にした氷上くんの画像、例の会員限定先行で見せてくれたヤツですな。

フィトンチッド

いや、私も勉強になりました。
ありがとう氷上くん。

選択肢。

これも長っ!!
どれも7~11行ほどある(苦笑)

またまたどれにするか悩んだけど、

今回、服装を褒めてもらったので、



にしました。

返ってきたメールは、

「今日の僕は植物と君の両方から癒されたということになるのだろうか」って。
その他も書いてあったけど、やっぱり氷上くんのメールは真面目だな。

ありがとう。

フィトンチッド氷上

2009.03.02 02:06

« コミュノベ針谷編 第4話 【注】 | トップページ | 思い出の欠片 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18875/44204921

この記事へのトラックバック一覧です: コミュノベ氷上編 第3話 【注】:

« コミュノベ針谷編 第4話 【注】 | トップページ | 思い出の欠片 »

ちょこっと携帯百景

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

STORM LOVER 快!!

  • STORM LOVER 快!!公式サイト

Girl's Side 3rd Story

  • Banner_nina_370_04_vbzjf
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想