« コミュノベ氷上編 第3話 【注】 | トップページ | コミュノベ針谷編 第5話 【注】 »

2009.03.02

思い出の欠片

とりあえず、今現在までに別館へ戴いた拍手コメントへのお返事は完了致しました。
2009.03.02 03:00

先日更新したClap! (拍手)SSへのご感想を沢山ありがとうございました。
仕事でも花粉症でも凹んでましたので、とても励まされました。本当に嬉しかったです!

それから、
『ときめきウーマン1号』からのメール、ありがとうございました!
Girl's Station最終回での称号授与、おめでとーございます!
スゴ━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━イ!!!!
あ、そうだ!
お身体、お大事にしてくださいねっ
頑張っていただかないと!!

申し訳ないです。
また私から長文メールいきますけど、覚悟してください(苦笑)

いよいよ3月になりましたね。
そして今日3月2日は、はね学の卒業式。

早く、瑛来いよーーー!(´∀`)
灯台で待ってる!



卒業式の朝。
式の開始を待ってざわめく教室。

「おい。外見てみろって」

ハリーに言われて窓の外を見る。

「えっ、雪!?どうりで寒いわけだね」

わたしの声に他の生徒らも一斉に窓の外を見て、ますます教室がざわめいた。

いつの間に降り出したのかな。
寒々とした灰色の空からふわりふわりと粉雪が落ちてくる。

「積もるほど降らねーだろ」

ハリーはふとわたしの顔を見て、小さく息を吐いて言った。

「いよいよ、だな」
「うん……」



以下、私の妄想続きます(苦笑)
大丈夫な方のみ、お進み下さい。

では。



「ちょっとみんなに挨拶してくるわ」

そう言って、はるひは何処かに行ってしまった。

わたしは後輩達からもらった花を持ったまま、一人の人物の姿を探し歩いていた。

わかっている。
見つかるはずはないのだけれど。




なかなか家に帰る気分になれず。
そして、大好きな制服をまだ脱ぐことも出来ず。

いつの間にか、わたしは灯台に辿り着いていた。

階段を駆け上がる。
さすがに途中で走るのは諦めて、息を整えながら上った。

(お願い)

祈るような気持ちで大きなスチールの扉を押した。


きれいな夕日……。
潮風の匂いも、
海の色も、あの時と同じ。


吐く息が白い。

(佐伯くん……)

……ちゃんと卒業しなきゃ。
佐伯くんは、もういないんだから。


(でも、会いたいよ…)



「遅いんだよ、おまえは」

コツリと靴音がして、振り向くとそこには、
――会いたかった彼、佐伯くんが立っていた。


「佐伯くん……」

呆然とするわたしに近付いてくる。
一歩、一歩と。
踏みしめるように、彼は近付いてくる。

「さっき飛行機で着いたんだ。
学校行ったら、もう、卒業式終わっててさ」

風が強くなってきた。
握り締めた手が、寒さと緊張で震えて止まらない。


「どうして……」

瞳と瞳が出会う。
彼は困ったような瞳で微笑んだ。

「許して欲しい。俺が馬鹿だったんだ」


穏やかな声に、もうブレーキが壊れてしまった。
わたしは手を伸ばして、佐伯くんの腕を掴んだ。

「もう、どこへも行かないで」

涙が溢れて頬を伝う。
両手で彼の制服の袖を掴んだ。

「……いなくなったりしないで」

(こんなに好きになれる人はきっともういない)


「あの日、俺が忘れて欲しいって言ったのは、弱くなってしまった自分が許せなかったんだ」

ふと顔を上げると、彼の瞳が間近にあってわたしは息をのむ。

「カッコ悪くて、情けなくて……そんなところはおまえに見せたくなかったんだ」

まるで泣いているような笑顔だった。

「ホントに自分がバカで嫌になる。おまえと離れたら楽になれるなんて……」

声が出ない。
わたしはただ黙って彼の言葉を聞いていた。


「やっとわかったんだ」

ぎこちない笑みを浮かべ、だけど真剣に佐伯くんが言う。


「誓うよ」

言葉が途切れて。
瞬間、息も止まるほど引き寄せられた。


「もう二度と離さない」


ぎゅうっと回された腕に力が入った時、わたしは声を上げて泣いた。




2009.03.02 05:08  昼間寝過ぎたな(苦笑)

羽ヶ崎学園21期生 卒業おめでとう!

« コミュノベ氷上編 第3話 【注】 | トップページ | コミュノベ針谷編 第5話 【注】 »

コメント

■TM1号さん
教えて頂いて、嬉しかったですよ~。
あの!!ときめきウーマン様?!って(笑)
私が2号だなんて、勿体ねぇー!
それはやっぱりBabyにconfident

メール、お待たせしちゃってスミマセンっ

■礼美ちゃん
いやいやいや。。。
そそそそんなことは無い無い!

「それは無い。断じて無いから」
そう、瑛も申しております(笑)

2009.03.04 06:10

やっぱりちょこさんちの瑛くんは実際よりカッコイイ♪

あはは~、頂いちゃいました!
ありがとうございま~す(笑)
じゃ、是非2号はちょこ様で!!!

メール楽しみに待ってますね♪

ちゅん太さん
そうそう。ときメモは永遠に不滅っていうか留年(笑)
姫子先輩みたいにcoldsweats01

あー、久しぶりに瑛一筋でプレイしよっかな〜heart02
2009.03.02 12:58

なんだか きゅんとします。
いえ…一旦卒業式ですが、ときメモは…サザエさんのようにエンドレスです。
ずっと、全員留年ですね。なんか…なぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18875/44218959

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の欠片:

« コミュノベ氷上編 第3話 【注】 | トップページ | コミュノベ針谷編 第5話 【注】 »

ちょこっと携帯百景

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

STORM LOVER 快!!

  • STORM LOVER 快!!公式サイト

Girl's Side 3rd Story

  • Banner_nina_370_04_vbzjf
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想