« ミッション コンプリート! | トップページ | 「それやめろ。ジロジロ見んな」 »

2009.11.03

コミュノベ志波編 第12話 【注】

正月の舞台に心がもう飛んでます♪
パセラにも飛んでます(笑)今から予約だ予約ーー!
今度こそ、『Stay』以外の曲流そうな>森田会初期メン


志波きゅん編コミュノベ、ばんざーい!
なんだよなんだよ、このこのぉ~
なんという萌え展開!甘いよ、甘酸っぱいよ~

そして何度も思う。

瑛たん編、こんな甘いやつでまたやって欲しい~(泣)



【注意】 
2009年10月23日から携帯サイト週刊コナミより配信中のコミュニケーションノベル
『ときめきメモリアルGirl's Side 2nd Season 〜志波 勝己編〜』に関する内容を含みますので、ご注意下さい.

PCからご覧の場合は、「続きを読む」以降にご注意下さい.携帯からご覧の場合は、スクロールせずに、スルーでお願いします.









では。










学園演劇の舞台の幕が下りて…。
みんな感極まって、抱き合って喜んでいる。
感動で泣いちゃったデイジーの頭を優しく撫でる志波きゅん。

この志波きゅんって、かなりデイジーにタッチしちゃうよね~ 
頭撫でたり、手をつないだり握ったり、額に手をやったり、頬に触れたり…
正直でいいッスね~♪

さて今回はここからー!!
二人の帰り道での出来事が大変なことに(笑)


文化祭はすっかり閉園時間で。
デイジーは志波きゅんを探すけど、さっきまで後片付けをしていたはずの志波きゅんと元部長の姿までも見当たらない。
はっはーーん。…やはりな。ニヤリ

やっと志波きゅんの姿を見つけたのは、階段の横。後輩の野球部員と真剣に話していたよ。
声を掛けられると、志波きゅんは「しまった」という顔をして…
大丈夫だ、志波きゅん。
デイジーは鈍いから、気づいてないし。ほら、すぐ誤魔化されたよ♪

「帰るか。一緒に」

きゅーん。
ああ、何度この志波きゅん編で「きゅーん」としただろう(笑)

夕陽はすっかり沈み、オレンジ色が水平線にほのかに残る光景。
海沿いの通学路を並んで歩く二人。いいねぇ。。
そうしたら、

「おまえ、この後時間あるか?」
「打ち上げしよう。2人で」



本当は誘ってもらってすごく嬉しいけど、
やっぱり志波くんの邪魔はしたくないと、足を引っ張りたくないと(勝手に)考えてるデイジーは、
「その気持ちだけで十分だよ」と断るわけです。すごく行きたいくせに。
当然、志波きゅんは不機嫌に(笑)
そしてデイジーが
「これ以上、志波くんの足をひっぱりたくないの。志波くんの夢を応援したいの――」と言う途中で、
志波きゅん、デイジーの頬をつねったーー!!

「やっと、言ったな」

志波きゅん、演劇の練習が始まる前から、どうもおかしいと思ってたと。「まったく、余計な気ばかり遣いやがって…」と。

「おまえが何したって、オレの足を引っ張ることにはならない。
これまでもこれからも」



この後はもうもう!志波きゅんに萌えまくりです(笑)
「でも…」と躊躇うデイジーの言葉一つ一つに、志波きゅんは真剣な言葉を返していくんですよ。

カッコイイ志波きゅんのセリフ一つ一つを書き挙げてたらキリがないので、割愛させて頂きますが。
一つだけ!中井ボイス炸裂の、

「応援してくれるファンの女の子たちよりも?」

「当然」

ま、私の脳内ではかなり筆頭入ってましたけどね(苦笑)>「上等」みたいなボイスでお楽しみください

おまえといる時間が糧になる。
ただ遊んでるだけでも、おまえは誰よりも力をくれる。

そこまで志波きゅんに言ってもらって…なんてデイジー羨ましいー
頼む。今ここで「好き」と一言だけ言ってあげてー(笑)

しかし、デイジーは
一つ志波きゅんにお願いします。

「ファンは大事にしようね」

私も志波きゅんと同じで、「どうしてそうなるんだ?」と突っ込みたくなりましたが、デイジーは本当にステキ女子でした。

野球に限らず、スポーツは応援する人とプレーヤーがお互いに勇気や元気をあげあうもの。
頑張れるのは勝った時に喜んでくれる人がいるからじゃない、と。

応援してくれる人の存在を忘れちゃいけない、志波くんにはそういう選手になって欲しい、というようなことを諭すデイジーに感動した!>適当に意訳しております

ああ、そういうことを考えてたから…
だからデイジーはいつも志波きゅんに挨拶した方がいいとか、果ては打ち上げ会にギャラリーも招いてファン感謝祭に変えたんだね。
なんてエエ子や、なんてエエ話や(泣)

マジでちょっと視界滲みました。

と、
やはり志波きゅんも参ったようで、思わずデイジーを抱き寄せておりました。
こいつは…って思ったんだろーなー
かーわーいーいー!二人が可愛すぎるぅぅ。

しかし。
このあと、志波きゅんが聞き捨てならないセリフを吐きました。

「ちゃんと言葉にして聞いてよかった。
たまには幼馴染みの言うことも聞いてみるもんだな」



なんですと?!

幼馴染み?!

先輩に相談したのかよ、志波きゅん。
いや、違うな。
偶然会ったとき、どうせ先輩が「おいおい勝己、あいかわらず冷てーヤツだな」と勝手に絡み、
なんか悩んでいるような志波きゅんを見て、「ん?なんだ、どうした?」
「なーに、思春期ボーイしちゃってるんですかぁ?」>あれ?これじゃ銀さん風だ
「にしても、勝己。おまえはちっと言葉が足りねーから気をつけたほうがいいぞ」とか「そんなんじゃ彼女に愛想つかされっぞー」とかなんとか言ったんだよ!

だから相談じゃない、と思う(笑)


今日の選択肢は、
ぶっちゃけ「 3 幼馴染の言うこと…。」が気になったけども(苦笑)
やはり可愛く、
1 お疲れ様!
を選びました。
わたし、志波くんの夢、まだまだ一緒に見ていこうって決めてるから」って…

返ってきた志波くんの返事は、









明日から自主連

―――――――

お疲れ、演劇とかマジでいい経験になったな。
まぁもうしないけどな、一生。
明日から朝走るの付き合えよ。
夢はまだまだこれからだからな。ずっと見ててくれ。そばで。






プロポースかよ!
なんだ、このラブラブっぷりは!!


そして気になる3の返信は、


Re: 幼馴染の言うこと…

―――――――

呼ばなくていい。絶対呼ぶな。
でも今日はちゃんと話せてよかった。
言葉が必要なときもあるんだな。



さぁ、残り3話。登場はあるのか?!

2009.11.03 15:13

« ミッション コンプリート! | トップページ | 「それやめろ。ジロジロ見んな」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミッション コンプリート! | トップページ | 「それやめろ。ジロジロ見んな」 »

ちょこっと携帯百景

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

STORM LOVER 快!!

  • STORM LOVER 快!!公式サイト

Girl's Side 3rd Story

  • Banner_nina_370_04_vbzjf
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想